福岡市のパーソナルトレーニングならパーソナルボディマネジメント。健康維持やダイエットをしたい方は当店でパーソナルトレーニングをお教えします。

パーソナルボディマネジメント

電話番号
メールでのお問い合わせ

福岡市で専門的なパーソナルトレーニングをご提供します。

福岡市でダイエット・エクササイズ・ボディメンテナンスをお探しなら、
パーソナルトレーニングジムPersonal Body Managementに是非いらして下さい。
皆様の十人十色のお悩みをプロのパーソナルトレーナーが、
完全マンツーマンでお客様に合った適切なご提案をいたします。
Personal Body Managementは福岡市の皆様の健康へと向けた運動を、
パーソナルトレーニングでサポートさせて頂きます。

『運動』はじめてみませんか?(^^)

 

科学的根拠に基づいたトレーニング&栄養指導を受けるなら
全スタッフが国際ライセンスを保持したPBMへ!!

 

mail-300x40

福岡市南区長丘のパーソナルトレーニングスタジオ
Personal Body Management株式会社
パーソナルトレ―ナーの松比良 真央です!

 

いよいよゴールデンウィークですね(*’▽’)

長い方では今回、9連休の方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

ゴールデンウィ―ク期間中も天候は良いみたいなので、

私も最近購入したバイクで遠出を時間を見つけて

行きたいなと考えているところです(^^)/

 

IMG_0748

 

ちなみにPBMもゴールデンウィーク中の営業しておりますが、

特別営業となりますのでお間違えないように

ご確認をよろしくお願いしますm(__)m

 

 

さて今回は

PBMが提供させていただいている

パーソナルトレーニングとボデイメンテナンスについて

ご紹介させて頂きたいと思います(^^♪

 

PBMの特徴でもあるパーソナルトレーニングの特徴から

説明いたしますと

➀キツイだけが運動ではない

➁身体の不調の原因は患部以外にあり

③筋肉のコリはマッサージだけで改善しない

 

522452886070ed34fc24d64ffa9eb97eaef60ede_40_2_9_2

 

ネットより画像引用

 

PBMでは自分の意志をもって心拍数を安静時よりも高める行動

全てを『運動』としています!

なので、運動=ジョギング、筋力トレーニングというわけではなく

【呼吸】も正しく行うことで立派な運動になります(^^)

 

そして、人の身体は『動くのが得意な関節』と

『安定が得意な関節』が交互に存在しています。

この関係のバランスが何らかの理由で崩れてしまったとき、

【痛み】【不快感】【パフォーマンスの低下】等が現れてきます。

 

例えば、「膝が痛い」方だと股関節の可動性、足首の可動性

問題はないか見つけ出し、お客様にあった改善法をご提案させて

いただいています。

illust3006


ネットより画像引用

 

そして、痛みやコリに関しては

大きく分けると2つになります。

【過負荷(使いすぎ)による硬化】

【萎縮(使わなすぎ)による硬化】です。

 

PBMでは初回に

カウンセリング+ぼでぃドッグ+ピークアボディをお勧めいたします!

 

 

~あなたの身体を見透かす Peek a body~

ピーク新ロゴ

PBMS ぼでぃドッグ

 

姿勢評価、動作評価、柔軟性、筋力チェックを行い

不調の原因や原因を探します。

 

PBMのコンセプトの1つでもある

『あなただけの身体に合ったあなただけのプログラムを提供』しています。

 

全てを踏まえた上で

【パーソナルトレーニング】か【ボディメンテナンス】どちらが

合っているのかご提案させて頂きます(^^)/

 

そしてもう1つのコンセプトでもある

【受け身の治療から運動を取り入れた積極的要望改善へ】

安心して運動を日常生活に取り入れて頂けるようにサポート

させていただきます(^^♪

 

是非、ゴールデンウィーク期間中から

【運動】をはじめてみませんか?

 

PBMでお待ちしております(^_-)-☆

 

最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m

 

~管理栄養士によるスポーツ栄養指導~

image1

 

~ご自宅でもオフィスでも出張パーソナル~

 

sidebar_055

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市南区長丘1丁目17-15
TEL/FAX:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アドラー心理学と指導③

姿勢、肩こりを科学的根拠に基づいてプロのトレーナーがマンツーマンで徹底指導!

Facebookアイコン森澤

パーソナルトレーナー 森澤です(^^)

 

今日もこの本をもとにアドラー心理学と指導を合わせて書きたいと思います!

前回のブログ内容には下の画像をクリックしてください(^^)

↓  ↓  ↓

IMG_20170426_235324_155

 

 

【勇気づけで自立を促す】

th_sam-56

アドラー心理学は人を対等に見るため、賞罰教育という考えはない。

ではどのように自立を促すのか?

それは『勇気づけ』である。勇気づけは自分の意志で課題を解決するよう促していく。

そのため、相手をコントロールするようなほめることや叱ることをしない。

相手の自発的な決定や行動に焦点を置く。そこから自立が生まれる。

具体的な勇気づけの方法は『主観伝達』と『質問』である。

『今日はどの部分に注意してトレーニングに取り組みますか?』そうして相手に意思決定を自ら促していく。

相手が主導して行動することができる。

 

【人材育成のピラミッド】

トレーニングの定義にピラミッドがあるように人材育成にもピラミッドが存在する。

 

人材育成のピラミッド

姿勢や意欲がない相手に、いくら知識や技術を詰め込んでもそれは筒抜けになってしまう。

子供に対するトレーニング指導や会社の指導ではこのピラミッドが逆転し、知識や技術が注力され、姿勢や意欲にフォーカスをおかれることが少ないように見える。

 

ほんの一部ですがいかがだったでしょうか?

アドラー心理学の内容と活用法が少しでも理解頂けたら幸いです(^^)

 

明日は有田の陶器市にいってきます!

 

ではでは<(_ _)>

 

運動施設では日本初となる次世代型姿勢評価システムを導入しています。

姿勢改善は姿勢チェックからはじめてみませんか?

~Peek a body あなたの身体を見透かす~

Peek a body

 

~24時間ご予約受付~

PBM_banner1_out

mail

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市南区長丘1丁目17-15
TEL/FAX:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アドラー心理学と指導➁

姿勢、肩こりを科学的根拠に基づいてプロのトレーナーがマンツーマンで徹底指導!

Facebookアイコン森澤

パーソナルトレーナー 森澤です(^^)

 

今日もこの本の内容を少しお話ししたいと思います!

是非これをヒントにしてもらえたらと(^^)

 

先週誕生日祝いとして頂いた

【アドラーに学ぶ部下育成の心理学】

IMG_20170426_235324_155

 

ちょっと箇条書きになりますが、この本を読んでの私的解釈ですが書きたいと思います。

 

【ほめると勇気づけの違い】

268813

※ネットより引用

 

ほめることと勇気づけるははっきり区別することはできないが、いくつかの違いがあります。

ほめるということはそこで上下関係が発生する。

『よくやった!えらいぞ』『その調子だ!』などほめるということは上位者が下位者に対して行う行為である。

一方、勇気づけは関係を対等に見る。

『〇君の姿を見てたら気力が湧いてきたよ』『〇さんのおかげでチームに活気が出る』などといった横からの目線で見て主観や感想を伝える。

ほめるは時に相手をコントロールすることや相手より自分の立場が上であることをアピールすることに繋がり、関係を悪化させてしまうこともあるのだ。

 

【賞罰教育】

 

ほめる、叱るを続けていくと人はどうなるのか?

『しっかり勉強をしなさい』『ちゃんと○○しなさい』このような命令を聞けばほめ、聞かなければ叱るといったような『賞罰教育』を受け続けていると、ほめられると勉強をし、ほめられなければ勉強しなくなるとアドラー心理学では考える。

つまり、ほめられるために、叱られないために頑張るようになる。

そこに自立はない。

自立がないので、私の場合、指導者が見ていればしっかりとトレーニングに打ち込むが、見ていなければサボるといったようなことが起きてしまう。

これは会社の部下、自分の子どもにもいえることである。

 

【勇気づけで自立を促す】

アドラー心理学は人を対等に見るため、賞罰教育という考えはない。

ではどのように自立を促すのか?

 

続きはまた明日書きたいと思います(^^)

 

ではまた♪

 

運動施設では日本初となる次世代型姿勢評価システムを導入しています。

姿勢改善は姿勢チェックからはじめてみませんか?

~Peek a body あなたの身体を見透かす~

Peek a body

 

~24時間ご予約受付~

PBM_banner1_out

mail

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市南区長丘1丁目17-15
TEL/FAX:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

PBM3つのコンセプト③

科学的根拠に基づいたトレーニング&栄養指導を受けるなら

全スタッフが国際ライセンスを保持したPBMへ!!

mail-300x40

福岡市南区長丘のパーソナルトレーニングスタジオ

Personal Body Management株式会社

パーソナルトレ―ナーの原慈英です!

前回はPBM3のコンセプトの2つ目をご説明しました。

今回は最後の3つ目をご説明していきます!

 

3つ目のコンセプトは

「日本人の健康のために~トレーナーが予防医学を変える~」

です!!

 

皆様もご存知の通り、日本はかつてないほどの高齢化社会を迎え、医療費の高騰による財政破綻が懸念されます。

そうした中で予防医学というキーワードが取り沙汰されます。

 

 

nih3

政府が発表したメタボリックシンドローム、ロコモティブシンドロームが示す通り予防医学には【運動】不可欠であり

その【運動】を指導する我々トレーナーこそが、医療費削減のカギを握っていると自負しています。

DSC_0406-300x169 DSC_0455-300x169

しかし、我々トレーナーの世間認知度が低いのもまた事実です。

 

PBMではトレーナーがトレーナーとして働ける現場を拡大し

受け身の治療で留まってしまっている方々に運動を取り入れた積極的予防改善を広めるべく活躍しています!

 

今週はPBM3つのコンセプトを3回に分けてご説明しました(^^)/

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます!!

 

~あなたの身体を見透かす Peek a body~

ピーク新ロゴ

~24時間ご予約フォーム~

 

PBM_banner1_out

 

~管理栄養士によるスポーツ栄養指導~

image1

 

~ご自宅でもオフィスでも出張パーソナル~

 

sidebar_055

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* Personal Body Management http://pbm555.com/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 住所:福岡県福岡市南区長丘1丁目17-15 TEL/FAX:092-555-8429 *…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

アドラー心理学と指導

姿勢、肩こりを科学的根拠に基づいてプロのトレーナーがマンツーマンで徹底指導!

 

Facebookアイコン森澤

パーソナルトレーナー 森澤です(^^)

 

先週誕生日祝いとして頂いた

【アドラーに学ぶ部下育成の心理学】

IMG_20170426_235324_155

僕にとって非常にタイムリーな物でさっそく読んでみました(^^)

ちょっと箇条書きになりますが、この本を読んでの私的解釈ですが書きたいと思います。

 

世話好きな人は、単に優しいのではない。相手を自分に依存させ、自分が重要な人物であることを実感したいのだ。
『アルフレッド・アドラー』

adler

※ネットより引用

 

最近最も注目されるアドラー心理学。
このアドラー心理学とはいったい何なのか?
アドラー心理学は、『人間性心理学・自己啓発の源流』とも呼ばれ、コミュニケーションの技術として広く知られているコーチングなどに影響を多く与えている。

 

【劣等感と優越】

20130506-310x310

※ネットより引用

 

人は誰しも劣等感をもっている。(自分が周りよりも劣っている)
そして、その劣等感を払拭する、つまり優越感を得るために2パターンの選択をする。
まず1つが劣等感を乗り越えるために『建設的に努力をする人』
もう1つが『非建設的な行動をとる人』
この2つに分かれるとアドラーは提唱している。
非建設的な行動とは、犯罪に手を染める、依存症になるといったことを指す。
アドラーは、建設的に努力を重ねる人も非建設的な行動をとる人も目的はただ1つ。
『劣等感を払拭し、優越感を得ること』
人は建設的な行動で優越を獲得できない場合、非行や犯罪に走ることで優越を獲得する、もしくは何かに依存することで、同情や憐れみを手に入れ、優越を獲得する。

なにか壁にぶつかったとき、それに立ち向かうのか、逃げるのか、落ち込むのか、誰かに依存し現実逃避するのか。
それが今後の人生において大きな分かれ目になってくる。

 

【勇気】

o0600091013798386201

※ネットより引用

 

建設的に努力をし、壁に立ち向かう人、非建設的な行動をとり、そこから逃げる人。その分かれ目こそが【勇気】
ここでの勇気とは大声を出して相手を威嚇するといったような意味ではない。『困難を克服する力』を勇気と呼ぶ。
劣等感も1つの困難といえる。そのほかにも仕事関係、金銭面、交友関係、異性や家族、困難の連続である。
人は勇気が欠乏すると逃げに入り、勇気が補充されると問題に立ち向かい、乗り越える努力をする。

 

トレーナーとしてチーム、子どもの指導をする上で大切になってくるのが『勇気づけ』である。

(会社の部下、家族への接し方の場合でも同じことがいえる)
勇気づけとは、相手(チーム、子ども)が自分の力で自発的に困難を克服するよう、応援をすること。
叱る、教える、ほめることは『勇気を萎縮させてしまう』場合がある。

 

この続きはまた明日書きたいと思います(^^)

 

興味がある方は是非この本を読んでみてください♪

 

ではまた!

 

 

運動施設では日本初となる次世代型姿勢評価システムを導入しています。

姿勢改善は姿勢チェックからはじめてみませんか?

~Peek a body あなたの身体を見透かす~

Peek a body

 

~24時間ご予約受付~

PBM_banner1_out

mail

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市南区長丘1丁目17-15
TEL/FAX:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最新の記事

PAGETOP

Copyright © パーソナルボディマネジメント All Rights Reserved.