福岡市のパーソナルトレーニングならパーソナルボディマネジメント。健康維持やダイエットをしたい方は当店でパーソナルトレーニングをお教えします。

パーソナルボディマネジメント

電話番号
メールでのお問い合わせ

福岡市で専門的なパーソナルトレーニングをご提供します。

福岡市でダイエット・エクササイズ・ボディメンテナンスをお探しなら、
パーソナルトレーニングジムPersonal Body Managementに是非いらして下さい。
皆様の十人十色のお悩みをプロのパーソナルトレーナーが、
完全マンツーマンでお客様に合った適切なご提案をいたします。
Personal Body Managementは福岡市の皆様の健康へと向けた運動を、
パーソナルトレーニングでサポートさせて頂きます。

健康長寿社会における運動指導者の使命 ⑤

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management
提携トレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です(^^)

 

 

このシリーズでは、僕が保有しているパーソナルトレーナーの資格であるNSCAジャパンの顧問をされている寛仁親王妃信子殿下『第2回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会』でのスピーチをご紹介していきます。

シリーズひとつひとつが長文になりますが、貴重なお話なのでよろしければご一読ください。

 

 

以下 Strength & Conditioning Journal(vol21,number5,june2014)から引用

 

健康的に歳を重ねるために

~健康長寿社会における運動指導者の使命~

 

 

更年期の女性への配慮

 

そんな中で私は、女性特有の更年期という時期におりました。体力がかなり不足しておりましたので、何かと時間がかかりました。出合った療法や薬による治療も受けましたが、私が有り難く思ったのは骨密度が落ちることがなかったことです。医師の判断でホルモン補充療法という療法を受けており、年齢を経ても骨密度が落ちなかったことは一つの救いでもありました。

おそらく皆様方も、指導の中で更年期女性に出会うことがおありだと思います。更年期の症状は幅広く、メンタル面に出る方、肩こりなど身体面に出る方、疲労や不眠の症状が出る方など様々です。ホットフラッシュが良く話題になりますが、ホットフラッシュが更年期症状のトップではありません。順位としては上のほうではありますが。一番多いのは肩こりや疲労感です。疲労感が理由で、したいのにできないことも出てき症状も違います。指導者の皆様も、それぞれの状態を理解し、クライアントにどの様なボールを投げてあげたらいいのか考えて頂ければと思います。

運動指導者の中にもトレーナーの皆様にも女性が半数くらいはいらっしゃると思いますので、いつかご自身も通る道ですので、女性の健康や更年期症状もお勉強なさった上で指導して差し上げて頂きたいと思いますし、男性の方々にもご理解頂ければと思います。「わかってくれている」とクライアントは安心し指導して下さる皆様方との信頼関係が生まれてくると思います。高齢社会の中で誰もが通る道でもあり、日本では遅れている分野でもあります。

 

 

 

 

今日専門の先生方がいらっしゃると思いますが、今現在全国で寝たきりのご老人の8割方が女性だと言われています。大腿部骨折等様々ですが、骨粗鬆症の問題が多くを占めている現実があります。昔日本では更年期に対しケアーが無かった時代でした。

女性に対しても男性に対しても、どの様な運動を取り入れたらよいのかと指導は欠かせませんが、女性が来られた時には、運動指導にとどまらず、クライアントの体調は如何か、ぜひ耳を傾けて頂きたいと思います。必要を察したなら医療機関をお勧めする、婦人科受診に誘導することも大切です。「今の様な症状があるのでしたら、レディースクリニックに行ってみてはどうですか?」というような、ちょっとしたアドバイスです。

それによって相手は、「婦人科に行ったほうが良いのかな」という自覚が生まれます。トレーナーや指導者から背中を押されることで自分自身の体調への理解が進み、「もしかしたら・・・」と予防的な医療へのステップを促すこともできます。これも健康指導者といえるでしょう。運動は己を知るチャンスでもあると思うのです。

 

 

 

 

これから運動を必要とされている方たちは年代を別に増えていく傾向があります。世代的に骨密度の減少は、50代から落ちていきます。10代の終わりまでに骨の仕組みが出来上がります。過度なダイエットや、過度なトレーニングによる体重制限で骨密度が落ち疲労骨折や成長している卵子にも影響しますので、無排卵月経等の選手が増えないようなサポートは、皆様の現場の方々が知ることでサポートに繋がります。大事な指導者のお役目でもあります。指導者・トレーナーの皆様に健康な日本人を多く作って頂きたく期待しております。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市柳河内1丁目2-12 第一浮羽201
TEL:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

思い出の場所

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management
提携トレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です(^^)

 

今日は午前中に平和台陸上競技場へ出張ランニング指導でした(^^♪

 

20140629_121910-259x300

 

 

高校生以来の場所(笑)

懐かしいタータンの匂いに昔の苦い記憶が蘇ります・・・

3年になって初めての100mのレース中に肉離れをして、本番に間に合わず・・・高校3年間の陸上競技生活に終止符を打ちました(*_*;

 

 

こんな話をすると、だからトレーナーを目指したのかと思われそうですが・・・トレーナーになろうと思ったきっかけはもっと後でした(笑)

それは追々書いていけたらと思います。

 

 

今日は午後からもランニング指導が入っているので、日焼けしそうです!!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市柳河内1丁目2-12 第一浮羽201
TEL:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

健康長寿社会における運動指導者の使命 ④

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management
提携トレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です(^^)

 

 

このシリーズでは、僕が保有しているパーソナルトレーナーの資格であるNSCAジャパンの顧問をされている寛仁親王妃信子殿下『第2回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会』でのスピーチをご紹介していきます。

シリーズひとつひとつが長文になりますが、貴重なお話なのでよろしければご一読ください。

 

 

以下 Strength & Conditioning Journal(vol21,number5,june2014)から引用

 

 

健康的に歳を重ねるために

~健康長寿社会における運動指導者の使命~

 

 

7年の進歩と信頼関係

 

 

私自身、ここまで状態が悪いとは思っておりませんでしたが、7年前を振り返って考えてみますと、今日この学術大会の登壇にあたって、私はどれくらい悪かったのでしょうね(笑)と伺ったところ、最初のころは「まあ、自分のクライアントの中では悪いほうかな~」というくらいのお話でした。しばらく慣れてくると、「はい。ワースト3の中の1人だったかな」とその言葉のワーストの意味には、最初の状態のままでは、危険という意味も含まれていたそうです。「ワースト3の中の1人です」と言われるのとでは気持ちが違います。トレーナーは多分、私に精神力・体力が備わってきた今だから話してくれたのでしょう。気力というものは健康によって左右されますし、私も体力とともに様々な体力がついてきたのでしょう。トレーナーの「まあ、妃殿下がワーストでしたね」の一言を、自分でも「ああ、やはりワーストだったのね」と今は、明るく受け入れられたのですから自分自身驚きました。

長い年月の中で、私をここまで引き上げてくださって、今ならば「心身ともにワーストだった」という事実を私自身が理解し、受け止められるとトレーナーが判断したので、「ワーストでしたね。今は笑えますけど・・・」と言われたのではないかと思います。メンタルの部分で私が受け止められるだけの気力を得たということを判断し、私にボールを投げてくれたのだと思います。「ああ、私はそこまで回復したのか。トレーナーがこれほどオープンに接してくださるまでに力が快復できた」という感謝の気持ちでいっぱいになりました。

それまでは、いっさい核心にふれることはありませんでした。小松トレーナーに会って、「おはようございます」とか「こんにちは」で始まり、トレーニングに入ったときに、軽く体にふれて、「今日は何をなさっていましたか?疲れていますか?」とか「長く椅子に座っていましたか?」等と、ちょっとしたことも見抜かれます。見抜かれる分、私も「腰がちょっと痛いです」と遠慮なく伝えることができます。その信頼関係というものが大きく結果として実ったと思っています。

運動の仕方を説明するだけ、運動の技術を説明するだけではなくて、相手の心を知る、クライアントの心を理解して受けとめる、その心がトレーナーにも必要だと思います。7年の年月が過ぎましたのは、トレーナーも理解して下さる、指導を受ける方もトレーナーの気持ちを理解できるという関係になりました。お互いのキャッチボールが大きな軸となり力になり、信頼関係は絶大なものが出来上がりました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市柳河内1丁目2-12 第一浮羽201
TEL:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

健康長寿社会における運動指導者の使命 ③

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management
提携トレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です(^^)

 

 

このシリーズでは、僕が保有しているパーソナルトレーナーの資格であるNSCAジャパンの顧問をされている寛仁親王妃信子殿下『第2回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会』でのスピーチをご紹介していきます。

シリーズひとつひとつが長文になりますが、貴重なお話なのでよろしければご一読ください。

 

 

以下 Strength & Conditioning Journal(vol21,number5,june2014)から引用

 

 

健康的に歳を重ねるために

~健康長寿社会における運動指導者の使命~

 

まずは自分の癖やゆがみへの”気づき”から

 

 

私が最初に行ったのは、トレーニングとは程遠い内容でした。ジムでは、チューブを使って、あるいはマットの上で、マシーンで皆様が本当に熱心に運動なさっているのを横目に見ながら、ジムの隅でストレッチなどの練習を始めました。

私が、小松トレーナーに何より感謝しているのは、まず私自身の体調なり、筋肉なり、癖なり、よじれなり、ねじれなり、トレーナーがまず全部に触れて、傾聴し、悪いところはどこかということをトレーナー自身がよく理解し、メンタル的なことも含め、ストレス性喘息も抱えておりましたのでスロースタートし、行ってくださったことです。そして、どうして身体がこの状態になったのか、最初は全て話されず、始める意欲がでてきたときに身体がどうねじれているのかを丁寧に説明してくださいました。また、単に歩くということでも、「歩きなさい」ではなくて、「妃殿下の歩き方は、ここに癖がありますからここを直しましょう」とトレッドミルで歩き方そのものから指導して頂きました。

正直なところ、私は自分の歩き方に癖があるということを理解しておりませんでした。歩き方は自己流でした。”誰でも歩きやすいように歩いているのだからそれで大丈夫なのではないかな”、と誤解をしておりました。しかし、間違った歩き方によって、更に身体のバランスが崩れ疲れやすくなり、痛みがでたりすることも教えて頂きました。「今の歩き方、ここに癖がありますね。この癖は前にも指摘したところですが、今日もこの練習をしていきましょうね」と言われると、「あっ! 直っていないのね。この癖と長いつきあいをしてきたのね!」長年の癖は簡単には治らないことを実感致しました。一つ一つ小さなことをもトレーナーの方から指摘して頂いて、ただ歩けばいいのではないということ等身をもって知ることができたように思います。

立つときも、どのように立ったらよいかというポイント等もご指導頂きました。「自分の好きなように立てばいいじゃないの」と思っていることも、教えられると、「ああ、ここにポイントを置いて立てば、上方からパッと肩を押された時でも揺らがないのね」ということがわかります。体のパーツの位置、足の重心の位置といったところまで紐解いて教えて頂きました。

資格を持っている方にありがちなのは、一定レベルの運動を参加者に運動開始の際に「さあ、これをやりましょう」という導入です。参加者は運動を必要としている人たちですが、同じレベルにいる人が少ないのが実情です。正直、私のお仲間たちもそうですが、0(ゼロ)の場合はまず1,2,3と上がっていきます。起点が0どころかマイナス50くらいの方もいらっしゃいますし、マイナス100の方もいらっしゃいます。マイナスの大きさを、運動開始の時点で指導者がよく理解して頂くことが重要です。マイナスのクライアントの方を0ベースのスタートにするためには何から始めたらよいか、どのように指導したら良いかということを、小松トレーナーは、如何なるときもしっかり考えて下さいました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市柳河内1丁目2-12 第一浮羽201
TEL:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

健康長寿社会における運動指導者の使命 ②

福岡市南区のパーソナルトレーニングスペース
Personal Body Management
提携トレーナー兼管理栄養士の吉村俊亮です(^^)

 

このシリーズでは、僕が保有しているパーソナルトレーナーの資格であるNSCAジャパンの顧問をされている寛仁親王妃信子殿下『第2回NSCAジャパン・日本健康運動指導士会 合同学術大会』でのスピーチをご紹介していきます

シリーズひとつひとつが長文になりますが、貴重なお話なのでよろしければご一読ください。

 

 

以下 Strength & Conditioning Journal(vol21,number5,june2014)から引用

 

 

健康的に歳を重ねるために

~健康長寿社会における運動指導者の使命~

 

わかりやすい用語の選択
…略…

しかし、初心者や高齢者に基本的な理解は不可欠です。まず、身体のどこを鍛えるのか、今何を習っているのか、といったことです。「今やっているのはここです」「今運動しているのはこの部分を強くするためです」という説明は必ずお願いしたいと思います。身体に触れて示されることで、私もその一人ですが、「あ、ここをやっているのですね」と本人が理解できます。「私は腰が痛いのに、なぜこんな運動をするのかしら?」といった疑問をもつこともありましたが、その原理が分かれば納得することができました。

医学はまさに日進月歩です。私は、小松トレーナーに実際に出会うまで、トレーナーというのはマッサージや鍼灸で痛みや疲れを治し、弛緩させる、身体を解し乳酸を流す方々だと誤解もしておりました。

医学の解明で、筋膜によって筋肉がつながっていることも説明していただき、またリハビリやトレーニング分野の発展によって、体をより機能的に整えていくためには一部の筋肉を鍛えればいいという考え方ではなく、体全体のバランスを見ながら体の状態を整えていくことが大切だと教えていただきました。その様なお話も伺いながらトレーニングを進めて頂きましたので、クライアントの立場としても指導者の心構えを感じ健康への道標を度々得ることができます。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
Personal Body Management

http://pbm555.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:福岡県福岡市柳河内1丁目2-12 第一浮羽201
TEL:092-555-8429
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

最新の記事

PAGETOP

Copyright © パーソナルボディマネジメント All Rights Reserved.